スポンサード リンク

2007年07月29日

筋肉痛の症状の原因

筋肉痛症状はほとんどの場合、普段しないような激しい動き、過度な不可を筋肉に与える動きをした場合におこります。
これにより筋肉組織の部分的な損傷や炎症が起こり、それを治すための物質が神経を刺激したりすることで痛みの症状が起こるわけです。
この他に筋肉痛症状が起こる原因として、感染症や自己免疫疾患、寄生虫症等によっておこる場合もあります。その症状は、筋肉そのものに力が入ったときに痛む場合や、関節痛、発熱、倦怠感などの症状が挙げられます。

ちなみに筋肉痛症状が軽度であれば、約48時間で筋肉が回復するようです。
ラベル:筋肉痛 症状 原因
posted by 筋肉痛の症状とは at 23:39| 筋肉痛 症状の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉痛の症状を引きおこす運動

筋肉痛になりやすいのは、大きな力を使っって長時間運動することです。
特に筋肉痛になりやすい筋肉の使い方は、筋肉に力を入れながら、その筋肉が引き延ばされる動きといわれます。
なぜなら、筋肉は縮んで力を出すつくりになっていることから、これとは逆の力を出しながらゆるめていく運動は、筋肉が損傷しやすいというわけです。
ラベル:筋肉痛 症状 運動
posted by 筋肉痛の症状とは at 23:36| 筋肉痛の症状がおこる動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉痛の症状を防ぐには

急に大きな負荷を与えるのが筋肉痛症状を引きおこす主要因ですから、「急な負荷を筋肉にかけない」ことが筋肉痛を防ぐことになります。
まずは準備運動、準備体操をして、筋肉を徐々に動かすようにしていきます。
また、ストレッチも効果的です。ストレッチは筋肉の可動範囲を広げることができます。
そして、負荷を徐々に上げていくことにより、筋肉の損傷を最小限にとどめます。

激しい動きをしたあとはクールダウンをします。
作業が終わったからといってすぐに止まらずに、軽くランニングするなどすれば血液の循環を急に落とさず、筋肉への急激な環境変化を抑えることができます。また、筋肉のストレッチやマッサージも効果的です。

運動後は基本的には血液の循環を良くする方が筋肉の回復が早いものの、痛みの症状が出ているときは冷やすようにします。入浴は温めのお湯にはいることが血行促進には効果的です。
posted by 筋肉痛の症状とは at 23:34| 筋肉痛の症状を防ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉痛の症状を緩和するには

筋肉痛症状を緩和するものとして、手っ取り早いのは薬です。
これは筋肉を修復して痛みを取るというよりは、痛みの元となる酵素等を抑えるというものです。

また、アロマテラピーにより筋肉痛症状を緩和する方法もあります。
原理としては血管を広げて疲労物質を排出することで、炎症を鎮めて痛みを緩和したり、心地よいと感じる香りにより痛みを紛らわすというものです。
アルニカオイルというオイルを使うと鎮痛効果が期待されるとのこと。  

また、海外の医学誌「British Journal of Sports Medicine」では、運動後にチェリー(サクランボ)果汁を飲むと筋肉痛症状が軽減するといる報告が掲載されました。
ラベル:筋肉痛 症状 緩和
posted by 筋肉痛の症状とは at 23:32| 筋肉痛の症状を緩和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉痛の治療

筋肉痛があるときは、安静と運動が大切になります。安静と運動は一見相反するものですが、まず最初は安静にすることです。筋肉痛には冷湿布、温湿布など、一時的な安静が有効であり、その後は、加熱、入浴、マッサージ、軽い屈伸運動などを行います。

また、軽い運動から始めて次第に激しい運動にするという方法が、筋肉を正常に戻す上で効果的なこともあります。これには散歩、サイクリング、水泳などが挙げられます。
ラベル:筋肉痛 症状 治療
posted by 筋肉痛の症状とは at 23:29| 筋肉痛 症状の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。